がんじがらめ
仕事を辞めたのが8ヶ月前。
実家に帰って来たのが2ヶ月前。
最近ようやくこの生活に慣れてきたとはいえ、まだどこかしら慣れきれず、戸惑っている自分がいる。

なんだか訳のわからないことに縛られていて。
誰かに何かを言われたからという訳ではなく。
いや、実際には言われた影響を多大に受けてはいるんだけど。
誰に何を言われたからとかではなく、自分が自分で自分自身を偏った考え方に縛り付けてしまっていて。
少し前まで完全に身動きが取れなくなってしまっていた。
それで、身内から色々注意を受けたというか、諭されたことをきっかけにようやく少しずつ動き出そうとし出した今日この頃。
それでも、こんなにも長く仕事をせずにいた代償というのは大きく。
また頑張れるんだろうか、またやっていけるんだろうか、そもそも仕事は見つかるんだろうか、という不安に駆られる。
もっと死に物狂いで頑張って探さなきゃいけないんだと思いつつ、腰を上げるのが億劫で、そんな自分に自己嫌悪する。

もしここが実家じゃなかったら、と馬鹿なことを考える。
実家だからこそ、守られ、収入はないけど家賃の心配はせずに済んでいる。
感謝すべきことが沢山あるのに、ついつい、自分にとって嫌な面、辛い面、マイナス面に着目してしまう。
家に家族がいるということはとても有難いこと。
でも、家族と住んでいない期間がそれなりに長かった自分にとっては未だに慣れず。
自分のペースで過ごせないでいる。
もしここに一人だったら、自分はもうちょっと行動できていたんじゃないか、と思ってしまったりする。

人のせいにするのは辞めなさい、とハッキリと身内に起こられたのは年末のこと。
いい年をして身内や両親からこんこんと説教されるということは本当に情けなく、涙が出た。
こんな歳になって何やってんだろう、と。
でも話してみて、改めて自分は過去のことを引きずってるんだな、と思った。
親から愛されなかった過去。
散々御局様にいびられて辛い仕事をしていた過去。
グズだとかノロマだとか、お前は何をやってもダメだとか、お前にできるはずがないと言われた過去。
そういう嫌だった過去、嫌だったことが心の奥底に根強く、しつこくこびりついていて。
普段はあまり気にしていないのに、何かふとした時にそれが上がってきたり。
勝手にそういう言葉や過去に自分で縛られてしまって、うまく動けなかったり。
自分で自分の行動に沢山制限をかけてしまっている。
「どうしてそうすぐ否定するの?どうしてそんなにすぐ無理って決めつけるの?どうしてそう可能性を否定するの?」
そう指摘された。
ああしてみたら、こうしてみたら?と聞かれても、自分には無理、できないと言ってしまったり。
こうしたらあれは諦めなきゃ、これを取るならこれはできない、諦めなきゃ、と思ってしまっているんだということに、自分では気づけていなかった。
こっちの道を選択するには、他の道は一切諦めなきゃいけない、他の幸せは一切捨てなきゃいけない、と思っていた。
何かすることに対しても、命がけのような、そんな感じで。
それは必至という意味ではなく、悪い意味で捨て身というか、自分が飢え死にしてでもそれを貫き通さなきゃいけないんじゃないか、みたいな変な考えに凝り固まっていたみたい。
こういう道を選んで、もし他の道の可能性が出た場合、両方を取ることも可能なんだ、という考えは私には一切なく。
もっと言えば、一般企業等では働いちゃいけないんじゃないか、とすら思っていて。
今思えば相当おかしな考え方をしていたんだけど、そんなことには全く気付かず、何故自分はそんなにも家族や身内から責められるのかと不思議で仕方がなかった。
こうしたいとか、ああしたいというよりかは、こうしなくちゃいけないんじゃないか、ああしなくちゃいけないんじゃないか、と思っていた。
洗脳されてるよ、と身内に言われた。
私は相当周りの偏った人たち、特殊な人たちの影響を強く受けすぎている、と。
自分が相当特殊な環境にどっぷり浸かっていたということにすら気づけておらず、自分にとってはそこが唯一の世界だったので。
それがなくなった今、前と今のあまりの大きな環境の違い、変化に戸惑い、なかなか受け入れられず。
そして前の環境に心の中でしがみつけばしがみつくほど、悪循環を生んでいた。
そういうことにこんな歳になってもなお気づけず、いつまでも小さな子供みたいな自分を知ってとても恥ずかしく。
でも、そんな自分にとことん付き合って朝方まで説教してくれた家族達に感謝した。
涙が止まらず、また翌日も涙をずっと耐えていたようなおかしな二日間だった。

未だによくわからず、うまくできず、そしてふとしたことで死にたくなったりもして。
鬱なのかなぁと思ったり、ホルモンのせいかなぁと思ったり、ただずっと精神的に疲れてるのかなぁとも思ったり。
何が正しくて何がおかしいのか、未だによくわからないところがある。
かと思えば半ば無理やり前向きになり、自分はまだできるぞ、と思ったり、かと思えば翌日になるとどよーんと憂鬱になったりする。
躁鬱なのかもしれない、とよく思う。
それにやっぱり自分は脳の障害を抱えてるんじゃないかと思えて仕方がなくて。
年末立ち読みした発達障害の本のチェックリストをパラパラ見たところ、大方の項目が当てはまってたし。
身内から色々言われた時も、「でもやりたくてもできないんだよ!私だってずっと頑張ってるけどできないんだよ!私は普通じゃないんだよ!」と泣いている自分がいた。
恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がなかった。
いろんな意味で。
自分は脳に障害があると思う、病気だと思うと言ったら、相変わらず母には怒られた。
病気のせいにするな、と。
でも身内は言った。
「それなら病院へ行きなさい」と。
母はいつも私がその話をする度に私を叱りつけ、病気のせいにするなというから、私はずっと病院に行って真実を知りたいと思いながら、病院に行くことはできなかった。
身内に、「病院へ行きたいのか?」と聞かれた。
私は迷った。
前は行きたかった。
行って真実を知りたかったし、もし本当に病気ならその対策を知って楽になりたかった。
でも今更すぎる、と思った。
それにこんなになって。
こんなに何十年も経って。
今更病院に行って、もしこれが病気じゃないと言われてしまったなら、私は一体どうしていったらいいのだろう、と。
あなたの脳は正常です、どこも異常ありませんと言われたら、じゃあこんなに他の人と違う自分は、他の人には当たり前のことがうまくできない自分は。
欠陥だらけの自分は、どうやって生きていったらいいのだろう、と。
その後、やっぱり病院へ行った方がいいのか、それとも行く必要はないのかと繰り返し考え迷い、行動できないでいる。
そもそも働いていないので、お金がない、病院代がもったいない、と思えてしまうこともある。
でも、「自分に投資」するんだと思って、今、この時に、色々自分に投資して、沢山のものを巻き返し、整えていかないといけない、とも思う。
そう思う反面、自分で自分にプレッシャーをかけすぎているのか、はたまた家族からの責めの圧力なのか。
色々しなきゃいけないこと、した方がいいことがあっても、うまくできず、ただただ日ばかりが過ぎていく。
このままヨボヨボになって死んでしまいそうだと思ったり。
ずっとこんなんだったら生きてても楽しくない、死んでしまいたいと思ったり。
でもどうせ死ぬのなら、最後に思いっきり楽しんでしまった方がいいんじゃないかと思ったり。
でもそうする気力、元気がないなぁとも思ったり。
上がったり、下がったりの毎日。
ただただ日が無駄に過ぎていく。
この世に無駄なことなんてないと信じていた私だけど。
何故こんなにも自分から貴重な毎日を無駄にしてしまうような生き方をしているのだろう、と。
少し前まではそれなりに情熱もあった。
したいこともあった。
希望もあった。
でもそういったことが全て打ち砕かれ、難しいとわかり、多くの人から否定され。
希望を失い、情熱も薄れ、できると思っていたことができないとわかり。
じゃあ自分には何ができるのだろう、と。
何をしたらいいのだろう。
何をするべきなのだろう。
そう思っていたけど、この時、自分を犠牲にして何をしなきゃいけないのだろう、どこまで自分を犠牲にしなきゃいけないのだろう、と思っていた。
このことについても身内から指摘された。
「犠牲って何?」と言われた。
どうしてそんなに自分を犠牲にしてると思うのか、一体何を犠牲にしてるのか、と母に怒られた。
お前は何も犠牲にしてない、むしろこちらが迷惑している、と。
私は、自分を犠牲にし、したいことを我慢し、居たくもない場所に留まり、自分を捧げ続けないといけないのだと、そう偏った考えをしていた。
身内から全て白紙にしろ、と言われた。
今までの過去のこと、過去の仕事のこと、未来のこと、いろんなことを全て白紙にし、その上で自分の人生をしっかり立て直せ、と。
人のせいにするな。
過去を引きずるな。
全部忘れろ。
全部忘れて全てを白紙にして、そしてしっかり自分の人生を考えろ、と。

ずっと結婚できないことにも悩み続け。
毎日のように来る父親からの「結婚しろ」攻撃に何度もノイローゼのようになり。
自分はもう結婚を諦めないといけないのかもしれない、と思った。
こんなに待っても誰も来ないなら。
誰ともうまくいかないなら。
自分にとって正しいと思える人が見つからないのなら。
一生一人で生きていくことを、いい加減本気で考え、覚悟していかないといけないのかもしれない、と。
そしてそう思えば思うほど、次に見つける仕事のプレッシャーとか。
色々なことが絡まってきて、何も進んでいないのに頭や心が疲弊していく。
それに本気で仕事を見つけて進み始めたなら、万が一後からひょこっといい人が現れても、自分は仕事を選んだのだから結婚はできないんじゃないか。
後からどんなにいい人が来たとしても、結婚を諦めないといけないんじゃないか。
結婚しちゃいけないんじゃないか。
始めたばかりの仕事を放り出してはいけないんじゃないか。
そんな風に思っていて、結婚を取るか、仕事を取るか、みたいな、ひどく非現実的なことに頭を悩ませたり。
本当に今思えば馬鹿みたいなんだけど。
身内から指摘されるまでは本気でそういう考え方に取り憑かれていたりして。
こういう、白黒はっきりしなきゃ、みたいなところとか。
何かと融通が利かないところとか。
優先順位がつけられないところとか。
そういうおかしなところが私を苦しめて。
何故神様は私をこんな風に作ったのだろう、と思う。

言いたいことがまとまらない。
吐き出したいことがありすぎて。
訳がわからなくて。
毎日の呑み込まれそうな何かと戦っていて、でも具体的な行動はあまりできていなくて。
もっと、こうなったらいいのに、ああなったらいいのにとか。
いざじゃあ全て本当に白紙になって、あなたは何でもやりたいことやっていいですよってなったら何がしたいのか?って考えてもわからなかったり。
自分はどうしたいのだろう、何をしたいのだろう、何ができるのだろう、そういった疑問に今も答えは出ないまま。
動き出さないと何も見つからないよ、と母に何度も言われる。
母は仕事のことについて言ってるんだと思うけど、何事もそうなんだろう。
私の一歩は小さすぎて、毎日の足掻きは微々たるものでしかなく。
目に見えるような大きな変化というのはほとんどなく、たまに何かできたと思えば翌日また色々と出来なくなり、一歩進んではまた定位置に戻ってきてしまってるような状態なんだと思う。
真面目に生きている人から見れば、こんな私を見るのは大層腹立たしくて嫌だろうと思う。
家族や身内から怒られるのも理解できるし、何より自分自身、こんな自分が嫌で堪らない。
でもできない、というのが。
心底馬鹿みたいなただの甘えなのか。
本当に何かがおかしくてできないのか。
それともその両方がミックスしているのか。
毎日毎日頭にどこかしら靄がかかっているようで、思考がすっきりしないことの意味は何なのか。
人には個性というものがあり、人それぞれその個性を生かして生きていけるはずだろうに。
じゃあ私のこの厄介な個性は一体全体どう役に立つのか、とか。
自分で自分を持て余している自分は、どうしたらいいのか、とか。
進みたいのに一歩踏み出すのが怖いと感じている自分とか。
誰かの助けを求めてみたいけど、はっきりとしたことを知ることが怖いと思う自分とか。
もうほんと一体何が正しくて、何がおかしくて、どうしたらいいのかわからなくて。
ただ人並みに、人並みの生活に戻れたらいいなと。

明日もまたもがきながら生きていくんだろうな。
自分は自己否定が強いし、前ほどではないとは言え、まだまだ自分を大切にできていないんだろうな。
結局自分を変な意味で大切にしすぎて、変に甘やかしてしまい。
悪い意味で自分に厳しく、大切にせずに自分を責めて、そのくせ動けず、悪循環の泥沼にはまってばかりいる。
でもどこか妙に前向きで、かと思えば後ろ向きで。
本当に不安定で仕方がない。
もっと本当の意味で自分を大切にできたら。
愛せたら。
否定せずに受け入れられたらいいな。
大丈夫だよって、心の底から自分に言ってあげられるくらい。
自分に自信がついたらいいな。
そのために、今やっている微々たる行動、足掻きを、諦めずに続けて行こう。
人から見たら何も動いていないような毎日で。
自分の目から見ても亀のような、進んでいるのか寝ているのかわからないような歩みであっても。
確実に進んでいこう。
じゃなかったら、生きてる意味も見失いそう。
できる、できる、できる。
たまには自己暗示をして。
やれる、やれる、やれる。
人生もっと楽しんでいきたい。
でも、「楽しむって何?」とも指摘された。
私の楽しむは的外れだと。
結局無理していて楽しめてない、と。
楽しむという意味を履き違えている、と。
もっと地に足をつけて生きろ、と。
そう言われた。

結局、今までの自分の価値観を色々否定されて、指摘され、それ自体は本当に良かったけど。
ある意味余計色々わからなくなって。
自分が信じてたものが違って。
自分がしようとしてたことがおかしくて。
じゃあ、自分はどうしたらいいのか、どういう方向に進んでいったらいいのか、どうすれば周りと調和が取れるのか、と。
ここで生きていくのならば、大なり小なりここでのルールに従わないといけないし、ここに合う生き方をしないといけない。
じゃないと、いつまでも苦しい。
今まで見てきたものがあまりにも違いすぎて。
未だに掴めずにいる。
たまに今が酷く非現実的というか、なんだか生きているんだけど、生きていないような。
生きているんだけど、何かが、どこかが死んでいるような。
自分の人生なんだけど、どこか他人任せというか、何か諦めているような。
きちんと自分の人生を取り戻さないといけないなと思う。

まとまらない。
とにかく、日々前進あるのみ。
迷ったことは一生の宝。
そう思える日が来るまで。

[PR]
# by akira-244 | 2017-01-07 03:04
What am I here for?
久しぶりにここに書いてみる。
誰かに話を聞いてもらいたくて。
でも、一番話を聞いてもらいたい相手は今取り込み中で、その人の楽しい時間を邪魔してまで話したくなくて。
かと言って他に話せそうな相手も見つからず。
今が夜中ということもあるけど、そうじゃなかったとしても、状況的にも色々と話せそうな人は捕まりそうになくて。
その人たちの楽しい時間を私の暗い話で邪魔をしたくなくて。
なんか現実的にひとりぼっちなような気がして、ちょっと泣けてしまった。

前から薄々思ってたことを、先週、何度も繰り返し考えてて。
何のために私はここにいるんだろう?
何をするためにいるんだろう?
何かをしようと思って、誰かの役に立ちたくて、自分の意志で自分で選んでこの場に立ってるのに。
なんだか全てが心もとなくて。
私なんかいなくてもいいんじゃないか。
必要ないんじゃないか。
誰からも必要とされてないんじゃないか。
ただ自分が自分の生きる意味、ここで暮らす意味を見出すために無理矢理この場にしがみついてるだけで。
ほんとは誰も私を必要とはしてないんじゃないか。
むしろ、居ることで逆に邪魔してるんじゃないか。
別に私じゃなくてもいいんじゃないか。
他の人でもいいんじゃないか。
むしろ他の人の方がいいんじゃないか。
何してるんだろう。
帰りたい場所があるのに、帰らず、帰れず。
寂しい思いを隠してこの場に立ってるのは、何のためだろう。
私は誰かの役に立ってるんだろうか。
自分的には精一杯頑張ってるつもりではあったし、辛くても前向きに頑張ろうとしていたけど。
頑張れば頑張るほど心も身体も疲れてきて。
最近ずっと体調が悪いことも多くて。
それでもこの場に居るのは何のためだろう。
自分で決めたことだけど。
でも。
私じゃなくてもいいんじゃないか、という思いが消えなくて。
今、私が突然この場から居なくなったとしても、誰も気にしないんじゃないか。
誰も困らないんじゃないか。
じゃあ、私じゃなくてもいいなら、なんで私はここにまだ居るんだろう。
そんな考えても仕方ないような暗いことを、沢山の星を眺めながら考えてた先週。

私は本当に弱い。
色んなことで凹むし、悲しくなるし、立ち上がれなくなったりもする。
それでも、色んな事があっても、何度も何度も立ち上がってここまで来た。
私は未だに一人でいて、周りの家族持ちの人を羨ましいと思うこともあるけど、それでも私には私の道があるんだと自分に言い聞かせて。
今やるべきことをやろう、今しかできないことを精一杯誰かのためにやろうと、そう思ってきたけど。
そういう気持ちも何度も何度もぶれて。
自分がしたいことがわからなくなったり。
自分の意志でここに居るんだけど、なんだか義務感の方が大きくなってしんどくなってきて疲れちゃったり。
前向きな気持ちでここに居るはずなのに、心が疲れすぎて鬱みたいになったり。
上がったり、下がったりを繰り返しながら生活していて。
多分休息が必要なんだろうなと思いながら、休む努力もしてみたけど、休んでも休んでもなかなか休まらなくて。
ただダラダラと時間が過ぎていて、全てが無駄なようにも思えて。
毎日毎日、それでも意味があって、吸収するものもあって、全部の時間を通して自分は練られていっているんだと思うんだけど。
目に見えた何かがないと、何だか不安定で。
とにかく楽しもうと思ったりもするし、実際に楽しいことがいっぱいあるんだけど。
それでも心の闇みたいなものは消えなくて、ふとした瞬間にまた浮上する。
過去のことも、随分忘れていたように思っていたけど、先日とある人に聞かれて自分が親から愛されなかった過去の話をしてから鬱状態が始まって。
蓋をしていたものが外れて溢れ出た感じかな。
今はもう違うし、乗り越えたと思っていたものにまた引きずり込まれて。
また、昔の愛されなかった自分、寂しい自分、そんなものに近づこうとしている自分がいるような気がする。
明るく元気で楽しく生きていていいのに。
そうだった、自分はこういう暗い人間だった、そこに戻らなくちゃとでもいうように。
なんだか過去の色々な悲しみ、疑問、辛さ、ぐちゃぐちゃしたものが解決されないまままだはびこってる気がする。
カウンセリングが必要なのかなとも思ったりする。
一度全て洗いざらい誰かにさらけ出して、吐き出して、そうしたら中が空っぽになって、また良いものを素直に取り入れられるようになるだろうか。
私はやっぱりどこか依存体質で。
誰かに聞いて欲しい、という気持ちがあって。
でも誰でもいい訳じゃなくて、この人、と思える人が出来たらその人にばかり洗いざらい話してしまいたい気持ちになる。
でも相手にとっても自分がそういう人ならいいだろうけど、現実そうはいかなくて。
今私が話したいと思う相手も、つまりは他の人たちにとってもそう思わせる相手な訳で。
その人は、沢山の人の話を聞くのにいつも忙しい。
常に誰かの相談に乗っていて、その人はその人で色々あって休息が必要なことも知ってる。
だからこそ余計に邪魔しちゃいけない、その人の時間を奪っちゃいけないと思いつつ。
でも聞いて欲しい、話したいと思ってしまう。
でも、うまく話せないんだ。
例えチャンスがあっても、結局言いたいこと、聞いて欲しいことの何分の一かしか言えなくて。
本当はもっともっと話したい、聞いて欲しいことがあるんだけど、意識的に線を引きつつ、自分を抑えつつ居て。
じゃないと、依存してしまって相手にすごく迷惑をかけそうで恐いし、そうなりたくはない。
本当は分かってるんだ。
誰に話すべきかは。
でも、私は話したとしてもうまく返事を聞けないから。
だから、もっと分かりやすい対象に話を聞いて欲しくなる。

いつまで待てばいいんだろう。
いつまで続ければいいんだろう。
いつになったら私の願いは叶うんだろう。
いつになったら終わりがくるんだろう。
いつ終わらせたらいいんだろう。
人生のタイミングがわからないから。
全ての計画を私は知らないから。
ただ目の前にぶら下げられた人参を必死で追いかける馬のごとく。
ただただ目の前のことを必死で消化していく毎日。
その一日一日の積み重ねが大事だとは分かっていても。
先の見えないプランには不安もあって。
道は常に繋がっていて、一本真っ直ぐ伸びていると知ってはいても。
その道の先を、まだ見えない先を、見たいと思ってしまう。
願わくば安定した道を。
安心していられる道を。
誰かと笑って歩める道を進んでいきたい。
やっぱり一人は寂しい。
私の周りには沢山の人がいて、色んな人に支え助けられながら生きている。
それでも、ふと一人のような気がするのは何故だろう。
最近は昔ほどそんなことを思わなかったし、孤独を感じなかったのに。
ふと私には誰も居ないんじゃないかと、昔のような不安が蘇る。
数年前までは夜眠る時、不安で仕方が無かった。
このまま死ぬまで一人なんじゃないかって。
親も周りの人も死んでいって。
どんどん友達も減って。
いつか誰にも知られずに死んで行くんじゃなかって思って不安になったりしてた。
ちゃんと一人じゃないということは頭で分かってるけど、今でもたまに思う。
ああ、いつまで一人なんだろう。
いつになったら誰かと一緒にいれるんだろうって。
夜中だから、最近ずっと疲れてるから、だからこんなことを思うんだろうな。

日々の感謝を忘れずに、毎日毎日を大切に大切に生きていきたいと思いながら。
なかなかそうできない自分にもどかしさを感じることもあるけれど。
不器用ながらも今日も生きれてる。
生かされてる。
だからこそ、不器用でうまくできなくても、それでも、誰かのために何かをしたいと思う。
そうできる自分でありたいと思う。
それを、無理なくできる自分になりたいと思う。
少しでも何かに貢献できてるといいんだけど。
誰かのために良いことをしようと思っても、その何倍も自分が与えられてることに気付く。
人は本当に優しい。
時に残酷だけど。
それでもやっぱり、人は優しい。
人を愛するということについて、自分は学んでいる最中なのかもしれない。
[PR]
# by akira-244 | 2016-07-26 01:37
向き合う
世間は三連休だというのに引きこもっている私。
仕事のストレスで身体がおかしくなって、そろそろ二ヶ月近くなってくる。
人とも会えず、遊びにも行けず、それがまたストレス。
仕事に行けば、一番のストレスのお局様がいて症状は悪化するし、休日も気晴らしができないしで、気持ちが随分腐ってた。

自分の身体がどうなってしまうのかわからない不安。
恐怖。
色んなものが混じって、辛くて。
もう消えてしまいたい。
死んでしまいたい。
沢山沢山そう思いながら、地獄のような毎日だった。

けど。
最近少しマシになった。
症状も、ストレスも。
イーッてなる時は今でもいっぱいあるし。
お局様のことをぶっ飛ばしたくなることも多々ある。
けど。
なんか、少し、前向きに考えられるようになってきた。

本当はまだいっぱい不安。
これからどうなるんだろうとか。
私の悪い癖で、周りと比べちゃって、みんなそれなりに楽しんでるのにって。
結婚したり、出産したり、子育てしたり、彼氏とデートしたり、そういうことしてる周りの楽しそうな話を聞くと。
私このままでいいのかなって不安になる。
一人だし、孤独だし、また最近めちゃくちゃ寒いし、人恋しいのに身体の不調で誰にも会えないし。
このまま一生一人で死んでいくんじゃないか、と漠然とした不安が襲ってきたりする。

けど。
ここまで身体が悪くならなかったら。
私、身体のことここまで真剣に考えなかったかも?と思う。
今まで以上に必死に自分の身体と向き合って、改善のためにあれこれ試して。
努力して。
色々気を付けて。
そういうことを、今までほとんどしなかったなーと思う。

自律神経失調症だとか。
アダルトチルドレンだとか。
今まで日記に書いてきたこと以外にも、自分には症状が色々あって。
「病気」と言うには疑問があるけれど、沢山の症候群やらが私を苦しめていて。
どうして自分はこんなんなんだろう、と思ったりもする。
昔から普通に暮らせなくて、普通ということに憧れて、執着してきたのに、いつまで経ってもその「普通」が手に入らない。
みんなが普通にすること、例えば、普通に夜眠って、朝起きて、会社に行って。
休日には遊びに行ったり、掃除したり。
みんながきっと何気なくやっているであろうそうした一つ一つのことが、自分にはとっても大変だったりして。
なんで自分だけ、と思うことがいっぱいある。

けど。
嘆いていても仕方がないし。
理解してもらうことも難しいのは重々承知なので。
人は人、自分は自分。
自分の人生がこうだったのなら、それを受け入れて、じゃあある範囲の中で、いかに楽しくやるか。
出来ないことが沢山ある中で、どう工夫していくか。
生きづらいところを、どうしたら少しでも生きやすくなるか。
そういうことをもっともっと前向きに考えていかないとなぁと思った。

久しぶりに図書館に行き、久しぶりにそういう類の本を沢山借りて読んでいる。
健康について沢山調べたり。
自分の症状について調べたり。
病院についても調べたり。
(でもなかなか良いところが見つからない)
地道なことを少しずつ、少しずつやっている。

普通に生きれたらなーとは思うよ。
けど、身体がおかしくなって、自分もそれなりに普通に暮らせてたんだなぁと思ったし。
その普通が、どれだけ有り難いことだったのかってことが、よくわかった。
昔はもっとできなかったのに、できることが増えると、そのできることすらも当たり前のようになって霞んでしまうんだよね。
でも、当たり前じゃなかった。
それに気付かされた。
仕事に行けること。
友人と会えること。
お茶できること。
習い事に行けること。
そういう当たり前のようにしていたことができなくなって、(あ、仕事は何とか行ってるけどね)本当にどれだけ有り難いかってことが、身に染みて分かった。

神様は傲慢な私に色々気づけと言っているのかも。
だから、私がちょっと順調になりそうになると、交通事故にあったり、入院したり。
どうしてって思うようなことがいっぱい起こる。
けど、そうしないときっと、私が気づけないから、そうなるんだろう。
這い上がる人生だなー。
這い上がるというか、ずっと這い続けてるだけかもしれないけど。

人と会えなくて。
否応なしに一人の時間ができて。
その時間を持て余してしまっている。
もったいない。
もっと掃除したりとか、色々できるこはあるはずなのに、結局ほとんどネットしてしまったり。
現実逃避が多い気がする。
この時間を有効に使う手はないのかなー。
ゆっくりすることはとっても大事なんだけど、ダラッとしまくることは良いとは言い難いしね。
難しい。

この前、もうすぐクリスマスだね、と会社の人が言っていたが。
そんな浮かれた気分とはほど遠いところにいて、なんだか世間とのギャップを感じる。
羨ましいなーと思うけど、なんか、もう今更かな。
いつか「あーーーーーーめちゃくちゃ幸せーーーーーーーーーー」って思えたらいいな。
とりあえず今は、小さな幸せを噛みしめよう。
布団のぬくさとか、そういう(笑)。

少しずつでも進んでいけるといいな。
[PR]
# by akira-244 | 2012-11-24 23:38
6時半起き
なんだかやたらと感慨深げな今日。
何に対して、という訳ではないんだけど。
久しぶりに懐かしい人からメールがきたり。
昔起こった出来事を思い出させるような光景に遭遇したり。
懐かしい友達のことを思い出したり。
なんだか不思議な気持ち。
秋だからかな。
ちょっぴり寒くなって、センチメンタルな気持ちになってるんだろうか。

色々なことがあって。
ずっとアキラとして色んなことを吐き出してしまいたかったのに。
忙しかったり、気持ちに余裕がなかったり、うまく言葉にできそうにないぐらい、まとまらなくてモヤモヤしていたりで、パソコンに向かえず。
ようやく、何故か今、色んな気持ちがごちゃ混ぜになって、ようやく書けそうな感じになった。
現在午後10時。
寝るには最高のシンデレラタイムなのに(笑)。

最近は心身共に疲れきっていた。
仕事のこと、人間関係のこと、それ以外のことでもトラブルがあったり。
将来のこと、色んなことで悩んだり、落ち込んだりして。
折角の休日になっても、楽しみにしていた予定があっても、身体が動かなくて。
キャンセルしてボーッとした一日を過ごしていたりした。
落ちるところまで落ちないと、という感じだった。
落ちて落ちて落ちきって、しっかり反動をつけないと飛び上がれない感じ。
あーここまできたら落ちるところまで落ちるか、と無意識に思ってるかのように、落ちて落ちて、反動はついてないけどちょっぴりだけ上がって。
でも、まだ落ちてる途中の辺り。
けど、随分マシだな。

つい先日、「睡眠相後退症候群」という言葉を知った。
なんだか衝撃的だった。
今まで、人が当たり前のようにできていることができなくて、ずっとずっと苦しんできた。
その答えの一部を見たような感じ。
当てはまることが多くて、ビンゴかどうかはわからないけど、自分が頑張っても頑張ってもできないことが、障害として証明されてると思うと、なんだか少し気が楽になった。
赤ん坊の頃からうまく眠れなかったらしい私。
大きくなっても、人が当たり前のように眠るのに、人が寝るはずの時間帯にうまく眠れない。
頑張って一日なんとか0時前に寝ても、その早く寝てしまった一日を取り戻すかのように、翌日めちゃくちゃ遅い時間に寝てしまったり。
全然眠れない訳じゃないから、不眠症とも違うよなーとか、これってただの怠け病かな、とか。
寝たくない病だなーとか、心の弱さかなーとか。
人から理解されないものだなってすごく思ってたし、どうして自分はきちんとした時間に眠れないのだろう?と。
頑張っても頑張っても何故眠れないのだろう?と思ってた。
3日連続で夜0時までに眠ることすら自分にはすごく難しくて。
一週間続けて0時前に就寝したことが、果たして生まれてこの方あっただろうか?という感じだ。
周りから、不眠症じゃないかとかなり心配され、診断テストで重度の不眠症の可能性有り、と出て、病院に行った方が良いよと言われたりした。
モヤモヤしてたけど、自分の力でどうにもならないのだと思ったら気持ちが楽になり。
逆にできないならやってやろうという気になり。
眠れないなりになんとか横になったり、普段から朝なかなか起きるのが難しいのに、一昨日と今日は休日にも関わらずなんとか6時半に起きたりした。
休日だからもう少し寝よう、という甘えを捨て、とにかくやると決めたらやろう、という感じ。
睡眠不足だからもっと寝ようと思う気持ちを振り払って、4時間半寝たか寝てないか、だったんだけど、とりあえず負けるのは悔しいからなんとか踏ん張って起きてみた。
挫けたりすると思うけど、できなくて当然、できたらラッキーぐらいな感じで、気張らず続けてみようかな。

ずっとできないことに憧れて、よく「朝活」って言葉で検索して、色んな人のブログを読んだり。
起きるコツやら眠るコツやらを読んだり、睡眠についての本を借りたり。
でもうまくいかず、そんな自分に落ち込んだり、でもまた調べて頑張ってみようと思ったり。
そんなことを繰り返して今に至る。
一昨日から、夜はカフェインを飲まないように気を付けてみたり。
けど、昨日は夕飯に誘ってもらったらお寿司屋さんで、あちゃーと思いながら夜遅くにお茶を飲みまくったせいか、昨日は2時間半以上布団に入ってても眠れなかった。
今日は、安眠に良いらしいカモミールティーを飲んでみたよ。
効果はあるのかわからないけど、友人と会って9時間ぐらい喋り倒したことと、寝不足で朝6時半起きしてるせいか、今は少し眠くて半目になりながらこれ書いてる(笑)。

さて。
まだ書きたいことはいっぱいあるんだけど、折角の眠気があるうちに寝る用意を始めよう。
洗濯物も畳みかけだし、出かける前に食器洗えなくて汚いままだし、他にもやらないといけないことだらけだけど。
明日にまわせるものは明日にまわして、とりあえず身体を休めよう。
明日も朝早い。
良い一日になるように。
良い夢を見られるように。
明日いい笑顔でいられるように。
前向きな気持ちで眠りにつけたらいいな。
[PR]
# by akira-244 | 2012-10-08 22:39
見えてくるように
今までスケジュール帳を買っても三日坊主にもなれないぐらい使わなかった。
けど、毎日の出来事を忘れないでおきたいな、ちゃんと記録しておきたいなと思って。
今年から、一日一ページたっぷり書けるスケジュール帳を買った。
いざ使ってみると、4分の1はスケジュール、4分の3は日記帳という感じになって。
最初のうちは順調に書いてたけど、アキラの日記みたいに、まとめて数日分書いたりとか。
でもスケジュール帳に何かを書けば、あまり吐き出すことがそれほどまで溜まらなくなって。
前みたいに、アキラとしてブログに吐き出そうとすることが少なくなった。
ちょこっと書きかけてはアップできなかったり。

今年は早寝を頑張ってみようと思って、何とか0時前に寝ようと奮闘している。
でも、今まで0時前に寝ることなんて年に5回もないんじゃないかってぐらい、夜眠れない私だったから。
頑張ってみても、一月に数回。
でも、これは今までにしたらかなり進歩だ。

けど。
やっぱりまだまだ不安定な私で。
昨日も朝型まで眠れないというか、ついネットをしたら止まらなくなってしまって。
いつもそうなんだけど、寝なきゃ、明日仕事(予定)があるから寝なきゃって思うのに。
止められないというか、寝るのが怖いというか、明日が来て欲しくないというか。
つい現実逃避しちゃって、ズルズルと。
本当は今日の予定をずっとすごく楽しみにしていたにも関わらず。
心の中のどこかにいる臆病な私が怖がってたみたいで、結局朝5時をまわってから寝て。
起きては寝て、起きては寝て、とうとう予定もキャンセルしちゃって逃げちゃった。
あーほんとダメダメだなぁって落ち込んだりする。
朝から洗濯して、気持ちよく出かけようと思ってたのに。
予定キャンセルして時間が空いても、お昼を随分過ぎるまで寝てたから、洗濯は夕方から始めて。
本当は有意義な一日になるはずだったのに、色んなこと台無しにしちゃって。
しかもそんなことが度々あって。
自分の楽しみを自ら潰しちゃって。
あーなんだろうなぁって落ち込んだり、凹んだり、自分をちょっと責めたり。
でも。
それだけ疲れてるのかなーとか。
色々不安なのかなーとか。
そんなことを思ったりする。

明日からの仕事が怖い気がする。
最近また仕事を辞めたくて仕方がない。
先輩の嫌味にも限界がきて、先月だったか先々月だったか、ぶち切れて給湯室で思わずシンクをグーで殴ってしまったぐらい。
シンクにあたっても仕方ないんだけど(ごめんなさい)、吐き出すところがなくて。
怒りで震えて仕方がなくって、そのまま勢いで上司にもう無理です、今日で辞めますって言いたい衝動に駆られたぐらい。
毎日毎日色んなこと我慢して、耐えて、耐えて。
それで貰える報酬はちょっとで。
自分の人格全否定されたり、頑張っても認められず更に頑張れと言われたり。
自分らしくない毎日で、息が詰まりそうで。
仕事辞めて、毎日好きに暮らして、お金が底をついたら飢えて死んでいく方がよっぽどマシじゃないかって思うぐらい、なんだかとってもしんどかった。
そんな先輩が数日休んでて、すごくすごく楽だった。
精神的にすごーく楽。
でもまた明日顔を合わすかと思うと憂鬱。

でもどれが正しいかわからないんだ。
全否定されるほどに自分がおかしいのか、その先輩がおかしいのか。
私の話を聞いた人たちは、その先輩やその会社、その環境、周りがおかしいよって怒ってくれるけど。
あくまでも私の口を通して出ることを聞いての反応だから。
客観的にどっちがおかしくて、何が正解で何が間違ってるのかよくわからないんだ。

ただ最近、自分も至らなかったなぁと思ったりする。
先輩の言い方はかなり問題だけど。
自分もまた、他人のことをそこまで考えられてなかったなというか。
自分勝手なところがあったなーと思ったりする。
嫌いな相手に優しくするとか、親切にするとか、せめて感じ悪くないようにするとか。
そういうことって結構難しいね。
相手が挨拶しない、無視する、辛く当たってくる、嫌味を言う、怒ってくる、ヒステリーになる。
そんな態度だと、だんだんこっちも反発して、気付いたら同じようになってて。
目には目を、歯に歯を状態になってて、おいおい待てよって自分に思うんだ。
いくら辛いからって。
いくら相手に腹が立つからって。
自分が相手と同じようになったらダメだろうって。
それは違う。
それは私じゃない。
自分も相手の話をあまり聞かなくなったり、そういうことは余計悪循環だ。
相手が最悪だからって、自分まで最悪になったら良くない。
相手が例えどうであれ、自分を下げてはいけないって思う。
気付いたら同じになってるんじゃないかって思うとゾッとする。
しっかり自分でいないと。

先日、敵を愛するってどういうことだろうねって話になった。
私の最大の敵はやっぱり嫌味な先輩だと思う。
私には先輩を嫌ったり憎んだりすることはできても、好きになることも、何とも思わないことも難しい。
できれば何とも思いたくないんだけど。
憎んだり嫌ったりするのはとってもエネルギーがいって疲れるから。
でも、やっぱり腹が立ったりイライラしたりしちゃう。

まだまだダメダメですぐ逃げたくなる私だけど。
最近ほんと色んな人に支えてもらってるなぁと思う。
色んな人に元気を分けてもらったり、心配してもらったり、気に掛けてもらったり。
本当に有り難いことだなぁと思う。
その反面、みんなが自分を知ってる分、下手なことができないというか。
ダメダメな自分をさらけ出して、それでも受け入れてもらってることが本当に有り難いんだけど。
でも、もっともっとダメな部分があって、もっともっとさらけ出すことが怖いというか、勇気がないというか。
こんなにダメダメでいいんだろうかって思ったりする。

余裕がなくなるとどんどん家の中が荒れていき。
洗濯物や洗い物が溜まり、埃も溜まり、あっちこっちが汚れていく。
仕事が終わって帰るとクタクタで、最近は残業もなくなってきたのに、それでも何故かクタクタで。
ご飯食べるので精一杯で、また明日やろうってまた洗い物を溜めちゃったり。
そしてそんな自分に嫌気が差したりする。
帰ったらあれもこれもやろうって思うのに、ついネットしたり、本読んだり、他のことして逃避しちゃって。
確かに他のことをすることも大事なことのうちの一つではあるんだけど。
それだけで終わらすのは良くない。

衣替えがすごく苦手みたいで。
押入の奥底から衣装ケースを取り出すことがすごく億劫で。
第一弾と第二弾の衣替えは前に何とかやったけど、暑くなってきたから半袖を出したい今日この頃なんだけど、引っ張り出す元気がなく。
毎日、今日こそは、明日こそはと思いながらズルズルと。
また涼しくなるとちょっとホッとしたりする。
まだ半袖なくてもいけるかも、とか(笑)。
この前から頑張って毛布洗ってみたり、冬物の衣類も洗ってみたりしたけど。
洗うだけ洗って仕舞ってなかったり。
中途半端だったりする。

それでも、昨日の土曜日は久々に予定が入らなかったから、割り切ってお掃除デーにしようと思って。
洗濯したり、ドライクリーニングしたり、掃除機かけたり、床磨いたり、お皿洗ったり。
久々に紅茶入れてみたり。
色んなコトをした。
でも夕方頃からネットしたらグダグダで、そこから12時間コース。
馬鹿だなぁと思いながら、止められず、衣替えもできないままで。
そして冒頭の話に繋がるわけだけど。

なんだろうねー。
いつまで経っても成長しないなー。
これでも昔に比べたら随分良くはなったんだけどさ。
つまりは成長してるんだけどさ。
自分の理想とかにはまだ遠くてね。
でも少し前まではやる気が出なくてご飯もまともに作ってなくて、いつもパスタやうどん、ご飯に納豆とかだったけど。
最近またちょこっと気が向いたら野菜炒めとか、そういう系だけど一応作ったり。
それって、他の人から見たら多分全然だけど、自分的には頑張ってる方なんだと思う。
最近ベーグル作ったりできてないからまた作りたい…というか、作れる余裕が欲しいなーと思う。
あと石鹸作りもしたいんだけど、したいと思いながら数ヶ月。
ここ2ヶ月ヨガも行けてないし。
余裕があるようでなかなかないのかも。
余裕作りたいなー。

何が正しいかなんてよくわからないんだ、ほんと。
仕事しててもしんどくて辞めたいって思うけど、転職するしんどさを考えると今の方がまだマシかなって考えちゃったり。
面倒臭がりだからさ。
基本的に。
ワーキングプアに近いほどのこんな低賃金で働いてることに嫌気が差すし、理不尽だって思う。
自分の倍給料もらってる人の方が仕事少なかったり、一日暇してる人の方がお給料良かったり。
なんで、おかしいじゃんって思う。
上司に訴えても、助けを求めても、仕事は増やされるばかりで。
なんで私ばっかりこんな目に遭うの?って思う。
けど。
じゃあお金いっぱい欲しいんですか?って言われれば「いいえ」となる。
なんだろう。
有るに越したことはないけど、ないならないで何とか暮らせてしまってるので。
今、安月給の半分は家賃に消えてて、更にその残った半分から食費やら水道光熱費やら諸々のお金が出ていっているにも関わらず、何故か貯金が少しずつ増えている。
まぁ、その分服とか買ったりすることが少ないんだけど。
ただ、人に会うと格差を感じる。
同級生と再会すると、ブランド物のバッグ持ってたり、いい服来てたり。
自分の安物とは違うなーって、ちょっと恥ずかしくなったりする。
別にブランド物には興味ないけど、何だろう。
毛玉できかけの服とか、もう何年も同じ服を着てる自分は、物を大事にするヨーロッパ風だよ、エコ人間だよと思いつつ。
いいんだろうか、こんなんで、と思ったりもする。
でもやっぱり高い服見てもふーんとしか思えなくて買わないんだけどさ。
物欲が薄いのかな。
買わないことに慣れちゃったのかも?
あと、友達と食事する時に相手が躊躇なく高い店に行ったりすると、学生のような金銭感覚の自分とは違うなって、差を感じてしまったり。
結婚式の二次会に呼んでもらったりすると、会費が凄く高くて痛いなーと思ったり。
これって、ある人にとっては大したこと無い金額なんだろうけど、私にとっては家賃等差し引いた後に残るお金から考えると3分の1越えてるからキツイなーとか。
なんでもそうなんだけどね。
家賃にしたって、給料の半分って言っても、100万の給料の人が50万の家賃を払って残り50万で生活するのと、10万の給料の人が5万払って、残り5万で生活するのでは雲泥の差だと思うんだ。
同じように朝から夕方まで働いてて、全国同じ値段で本やCDは売られてて。
なのに、ある人は100冊本が買えても、ある人は3冊しか買えなかったりする訳で。
なんでだろうねー。
前から思ってることだけど、生活保護を受けてる人ってズルイなーと思ったりする。
もう随分昔、テレビで生活保護受けてる人のドキュメンタリーをやってて、普通にパソコン買ってネットしたり、毎日プラッと散歩したり、なんか自由そうでさ。
私なんて朝から晩まで仕事して、長い時は14時間近く会社にいて。
でも手にはいるのは、生活保護の人と大差ない額な訳。
本当に生活保護が必要な人はともかくとして、なんでこの人が貰ってるんだろう?って思うような人が自由にしながらお金貰ってるかと思うと、毎日先輩に嫌味言われながら、会社にこき使われて働き蟻のように働いて僅かな金額を受け取ってる自分って何なんだろうって。
嫌気が差したりするんだ。

それで自分の人生をもっと大切にしなきゃなぁと思う。
このままで終わっていいのかなって。
後悔したくないんだ。
まだ、沢山考えられるほどの余裕はないんだけど。
毎日の生活を整えて、余裕を作って、自分のことにきちんと向き合って。
一日一日大切に生活して。
前へ進んで行きたい。

不満を言うのはいくらでもできるけど。
時に不満を言うことも大切かもしれないけど。
不満より、その先にあるものを大事にできるようになりたい。
どうしたいかとか。
どうなったら嬉しいかとか。
そういうこと。
自分は何がしたいのかな。
何ができるのかな。
どういう道が与えられるのかな。
どういう道が見えてくるのかな。
それを期待していきたい。
期待するっていい言葉だと思う。
今まで全然期待できてなかった。
期待しても裏切られることが沢山あって。
恋人も、上司も、会社も、時には友達だと思ってた人だって。
期待して傷つくことが増えれば増えるほど、期待しなくなって。
でも、また期待したいと思う。
素直に。

見えてくるといいな。
色んなことが。
見えるように、期待したい。
[PR]
# by akira-244 | 2012-05-27 23:21
バーンアウト
なんだろうな。
よくわからない感じだ。

昨日、距離を置いた人のことが夢に出てきて、妙な気持ちになった。
なんだろう、ぬくもりが懐かしいというか、そんな感じで。
一瞬、もしかして相手に何かあったのかな?って不安が過ぎったけど、下手に連絡を取ってまた苦しんだり不安になったりする日々に戻るのは嫌だから何もしなかったけど。
なんだろうね。

最近の私は、以前に比べたらかなり心穏やかだと思う。
前に比べたら、だから、穏やかとは言い切れないかもしれないけど。
強烈な不安に苛まれていた日々から解放されて、仕事のモヤモヤなどはあるけど、大半を占めてた不安要素がなくなった分楽になった。
でも、なんだろう。
「ぽっかり穴が空いたような感じ」というのはないんだけど。
なんか、全てにおいてゆっくりゆっくりだ。
友人からメールをもらっても、(人によるけど)返すペースがかなり遅くなってて。
一昨日ぐらいも20日ぶりに返事を送ったら、「もうメールしたことすらも忘れるよ(笑)」と返事がきたぐらい。
一時は引きこもりっぽかったのも少し緩和されて、自分のペースで友人とお茶したり、家族と会ったり、懐かしい人たちと交流したり。
友達繋がりで新しい友達もできたし、なんだろう、少しずつ動いてはいると思う。
休みの日は、ずっと作ってみたかったピザ作りに挑戦してみたり、ベーグルを焼いてみたり。
本命のパン作りにはまだ至ってないんだけど、やってみたかったことをちょっとずつ実践してる。
新しい服やカバン、靴を買ってみたりと、物欲がなくてご無沙汰だった買い物も楽しんだり。
ナチュラルライフに憧れて色々試してたんだけど、それが更に進んだり。
多分、2ヶ月前の自分とは全然違うと思う。

だけど、ずっと調子が戻らない感じ。
前が忙しすぎたから、今のゆっくりの方がいいんじゃないかとも思えるけど。
何かが欠けているような感じもする。
忙しさ(せわしさ)からは解放されたけど、調子はもう戻ることはないのかもしれない。
なんか燃え尽きた感じなんだ。
色んなことを頑張りすぎて、疲れ切った果てが今のような気がする。
色んなことをするだけのパワーがもうないというか。
ゆるゆる暮らす方にシフトしていって、今の状態から新しい生活を始めていく感じなのかも。
多分、もう戻らないんだと思う。前には。

何だろうな。
ずっと生き急いでた感じはあったかも。
時間は有限だし、年は取るし、できることも限られてるし。
でも、何より傍にいた人が生き急いでたから(その人に「どうしてそんなに生き急いでんの?」って言われたこともあるけど)、だから余計に忙しなかったのかも。
アキラはこれからどうするの、折角の人生このままでいいのってよく聞かれてたから。
なんかわからないけど頑張らなきゃ、何かしなきゃ、そういう気持ちがどこかにあったのかも。

もっと夢を持ってとか。
成功してとか。
お金持ちになってとか。
世の中に溢れてる本は、そういうことをやたらと進めてくるけど。
果たしてそれはどこまで大事なことなんだろうか、と最近少し思う。
きっと夢があって、成功して、お金があったらとても自由で、家族ともゆっくり暮らせていいんだろう。
でも、それには莫大なエネルギーがいるような気がする。
それよりは、少なくとも今の私は…だけど、ゆるゆる暮らしたい気がする。
毎日コネコネとベーグル作ったり、アロマの匂いを嗅いだり、オイルマッサージしたり。
の~んびり、の~んびり。
その方が自分に合ってるような気がする。
更に隣に愛する人がいたらもっともっと幸せだと思う。
多分、私に欠けてるのはそこ。
愛する対象がないというのは、なんか、どこか寂しく、どこか物足りなくて、なんだか忘れ物をしてるような感覚。

息が詰まるような日々から解放されて、重荷はなくなり、ゆるゆると生きて。
幸せだと感じることもある。
毎日感謝だと思う。
緩やかな変化の中で日々過ごしてると、こんなままでいいのかな?ってちょっと心配になることもあるけど。
今までがビッグウェーブ過ぎたんだろうな。
強烈な不安に苛まれてることが多かった日々だったから。
仕事に追われ、プライベートに追われ、精神的にも追われ、色んなことに追われて追い詰まってたから。
あまり追い詰まらずゆーるゆーるしてることが、不思議だし、大丈夫かなってなるんだ。
でも、大丈夫なんだよね。

相変わらず私は早寝ができなくて。
平均的に2時に寝る生活が続いてる。
毎晩毎晩どうしてまたこんな時間になるんだろうってちょっと落ち込んだりもするんだけど。
まぁいいや、大丈夫、大丈夫、と自分に言ってみる。
お肌にも健康にも悪いのに、うまくできない自分が残念だけど、いつか朝型人間に慣れるといいなー。
頑張りすぎず、ゆるゆると修正できたらいいなー。

会社は相変わらずで、仕事はいっぱいくるし、お局様的存在の人からは嫌味を言われるし。
傷つくこと、イライラすること、いっぱいあるけど。
それも少しずつマシになってる気はするから、この調子でもっと軽くなって、自分が働きやすくなったらいいな。
でもいつの日か、居場所を見つけて辞めたいなぁ。
自分らしく生きれる場所、見つけたいなぁ。
毎日毎日ゆるゆる生きれたらいいのにな~。
平日の朝から夕方までも、辛い思いをすることなく、ゆるゆるいれたらなぁ。
時間に追われまくってる日本じゃなかなか難しいんだろうけど、必ずどこか、そういう場所があるはず。

あー早く会いたいなー。
人生のパートナーに。
一緒に笑ってゆるゆる暮らせる人、どこにいるのかなぁ。
[PR]
# by akira-244 | 2011-07-31 23:32
ワンピース
2009年の9月に「転機」という日記を書いたけど。
今も正しく転機だと思う。

あの時、折角の転機だったのに、結局気付けばぐるりと元に戻ってしまっていて。
距離を置いた人とのこともぐちゃぐちゃになっていた。
完全に元に戻った訳ではない。
以前の私とは違ったし、以前とは関係も違ったし、同じではなかったけど、また沢山沢山苦しんで悩んで不安で仕方なかった。
ようやくそれらのことが終わった。
悲しく、寂しく、辛い気持ちもあるけれど。
今度こそ本当に転機だと思う。

鬱病でずっと連絡できなかった友達から今日メールがきた。
そういうところでも転機なんじゃないかと思う。
何かが動き出してる、そんな感じ。
以前ほどハッキリしてる訳ではない。
でも、じわじわと何か進むんじゃないかという期待、希望。

私はすごく恵まれてると思う。
辛い時も独りぼっちじゃない。
電話すると2時間近くも延々と話を聞いてくれ、大丈夫、よく頑張ったねと言ってくれる母。
いつも根気よく話に付き合ってくれる友達。
色んな人に支えられ生きている。
そういうことがとても有り難い。

なんだか、ポリープが取れたような感じだ。
ずっと付き合ってきた悪いポリープが取れてスッキリした感じと、あまりにも長くくっついていたからなんだか寂しい感じ。
でもこれで良かったと思える、そんな不思議な感覚。
軽くなったなぁと思う。

いやー久しぶりに日記書くとダメだね、うまくまとまらない。
文章も下手っぴになったなぁ。

ようやく色んなことが見えてきたのかな。
自分の人生、どうしたいのか。
その方向性が少しずつ見えてきた感じ。
まだまだ迷う部分はあるけれど。
自分にとって何が大事か、そういうことがわかってきた。

まだ息も詰まるし、息苦しいし、胸も痛むし、なんだかよくわからない部分はあるけど。
それでも大丈夫と励ましてくれる人たちがいて、前よりも前を向けてきているんじゃないかという気がする。
油断すると引き戻されてしまいそうなギリギリのところではあるけれど。
それがどんなに良くなくて、自分を苦しめることだとわかっていても、あまりにもそこに長く浸かっていすぎたから。
引き戻されたいような、なんだかすごく複雑な気分なんだけど。

良かったことや悪かったこと。
色んなことが走馬燈のように頭の中を駆け巡っていて。
それは今までもしょっちゅうあったんだけど。
なんだろう。
前より遠いはずなのに、前より近い記憶のような感じがして。
前よりグッと感情が入って。
なんだか辛くなる。
懐かしくなる。
もう手に入らないものたち。
過ぎ去った過去。
でも、更に素晴らしい未来がきっとくる。
そう信じてる。

人生は思った通りになるんだよと言われた。
それはずっと知ってること。
だからこそ、この現実がきたんだと思う。
こうなればいいのにと表面上は思っていても、心の底では信じ切れなかった。
いつ終わるかわからないスパイラルにより深く突っ込むことが怖くて。
不安で、先が見えなくて、でも、抜ける勇気も出なくて。
自分にとって何がベストなのかもわからず、いや、わかっていたけど、その結果を受け止める勇気がなくて。
ズルズルと昨日まできてしまった。
受け入れがたいけど、受け入れないといけないこと。
受け入れるしかない現実。
でも、だからこそ優しい。
今は少し辛いけど、私にとってベストな結果だから。
それをちゃんと奥底で知ってるから。
表面ではどうして?って思う部分も拭えないけど。
どこかでちゃんとわかってて、納得してて、悲しい気持ちと受け入れる気持ちがユラユラ揺れてる感じ。
大きくなったり、小さくなったり。
太極図みたいな感じで。
片方が大きくなったり、小さくなったりを同じ面積で繰り返してるイメージ。
きっとそれがいつか、受け入れる気持ちが大きくなり、悲しみや辛さ、色んなものを優しく呑み込むんだと思う。

長かったなぁ。
あまりにも長く苦しんで、訳がわかんなくて。
周りからもっと楽になったらいいのにと何度言われても、自分自身わかっててもどうにもできなかった。
自分といっぱいいっぱい闘って。
それでも、納得いくまで頑張り尽くした結果、ようやく到着したこの場所。
だからこそ、簡単には戻れないし、戻ってはいけない。
過去は輝いて見えるけれど、それはもう手に入らない幻で、これからはもっともっと大きな、地に足の着いた、確実なものを手に入れるためにちゃんと歩いていかないとダメなんだと思う。

私には愛する人が必要なんだと思う。
どこか満たされてない感じがすると言われた、という話を以前日記に書いたけど。(2011年2月19日「Family」)
自分自身強く真っ直ぐ生きる芯の部分と。
それから、愛する人がいないという部分なのではないかと思った。
家族とか、友達とか、そういう愛する人はいるけれど。
人生のパートナー、心から信頼できる片割れがいないという部分で満たされてないんじゃないかと。
それこそ核の部分だよね。
きっとそこがなくて不安定だから、習い事したり、友達とお喋りしたり、大切なオプションを沢山つけても、どこか埋まらない何かがあるんだと思う。

私はずっと自由でいたいと思ってた。
そうしてるうちに自分が、自分がという自我が強くなり、気付いたら自己主張が激しくなってた。
私はこういう人間だ、理解できないならそれで結構、関わらないでくれ、みたいな。
でもそれも少し違う。
かと言って、人に流されすぎるのも違う。
でも、自由ってなんだろう?

求めるものは手に入ると思う。
それが本当に必要なものであれば。
自分に必要なものは全て与えられると信じてる。
だから、求めたけれども手に入らないということは、それが本当の意味で自分には必要なものではなかった、ということだと思う。
結局解釈の問題じゃん、と言われたら難しいけど。
少なくとも私はそう理解してる。

だから、例えば結婚とか、何か縛られることが始まる時、すごく制限されるんじゃないかっていう怖さがあるけど。
きっと、私のパートナーとして与えられる人なら、私のことを制限したりはしないんだろうなと、漠然とだけどそう思った。
私は大切な人とシェアしたい。
思ったこと、感じたこと、体験したこと。
楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、感じた沢山のことを。
全て話せとは言わないし、全て聞けとも言わない。
だけど、お互いがこれ話したらダメかな?とか、いちいち遠慮したりすることなく。
自然と、今日はどんな一日だった?今日はこんなことがあったよ、そんな風に会話できるような。
そんな関係を築ける人と出会いたい。
お互い話を聞いて、共感し合ったり、受け止め合ったり、ちょっとした助言をしたり。
そういうお互い高め合えるような関係。
話せないということは、自分にとってかなり苦痛なことだってことがよーくわかった。
シェアできない、分け合えないということがこんなに大変なことだとは。
一緒に生きるということは、そういうことだと思うんだ。
お互いが気持ちよくシェアできること。
それがすごく大事だと思う。
一緒にいるのに孤独なのは嫌だし、相手のことを知れない、わかれないというのも嫌だ。
知ってもらえないのも、理解してもらえないのも辛くてしんどいし。
共に生きれないことはとても悲しい。

最近、母親を始めとし、友達たちとも色々な体験、感情をシェアさせてもらえる機会が増えている。
そのことにすごく感謝してる。
それを話して突き放されてることなく受け入れてもらえること。
受け入れてもらった上で、アドバイスをもらえること。
お互い共感し合えること。
高め合えること。
励まし合えること。
そういったことがとても感謝です。

あと、私の周りには感謝する人がとても多い気がする。
些細なことでも「ありがとう」と言える人。
それって一見当たり前のようだけど、当たり前ではなくて。
自然とサラリと感謝を口にできる人たちが、有り難いことに多くて、素晴らしいなぁと思う。
きっと、そういう人がこれからも増えるんだと思う。

最近思ったのは、私は人を批判する人が苦手だ。
大事な仲間だと思っていても、ちょっとしたきっかけでカッと沸点が上がって相手を批判しちゃう人。
そういう人が苦手だし、残念だし、一緒にいてちょっと辛いなぁと思う。
本には、男性は批判するのが好きな生き物だと書いてあったけど。
そうなんだろうか?
確かに多少の批判はあるけれど、好き好んで批判する人もいれば、受け入れようとする人もいると思う。
私は、後者の人の輪に入りたい。
批判するのではなく、ああ、こういう人もいるのね、程度でもいいから、批判しない道を選べる人。
そういう人がいいと思うし、自分もそうなりたい。

そう、自分がそうなりたいと思うような生き方をしようとしている人と一緒にいたいと思う。
価値観が同じというのか、方向性の合う人。
同じ方向を見て歩める人。

だから、自分を大事にすること、落ち着けること、時に甘やかすこと、リラックスすること。
環境のことを考えたり、自分にも地球にも優しいことを考えたり。
些細な出来事も大事にしたり。
一日一日に感謝しながら生活したり。
そういう生き方を私はしたいから、同じような生き方をしたいと思う人を引き寄せたい。

私は本当に恵まれてると思う。
残念ながら給料運には恵まれていないけど、その分、人間関係運(?)にはすごく恵まれていると思う。
特に自分が何かした訳でもないのに(周りからすると、ただ私がニコニコしてるだけで良いみたいなのだけど)、ご馳走していただいたり、親切にしていただいたり。
優しく接してもらったり。
周りの人たちに支えられ、恵みをいただいて生きている感じがする。
だから、私は多分お給料以上に贅沢をさせてもらってると思うし、不思議なことに、ほとんどお返しできていないような気がするのに、相手の人たちに不満が見られないんだ。
気持ちよく与えてもらって、気持ちよく受け取らせてもらって、気持ちよく感謝の気持ちをお返しして、それで相手も満足してくれるような。
え、こんなんでいいの?みたいな。
もらってばっかりだよ、私、大丈夫?みたいな。
それぐらい、周りの人の心が広く、そして私がすごく恵まれてるんだと思う。

先日、お世話になってる方に映画の試写会に誘っていただいて。
更にその後に普段行かないような少しお高いお店で上品なご飯をご馳走になり。
「映画に連れてきていただいた上にご馳走までしていただき…」と恐縮しきりな私に、その人は、「こちらこそ付き合ってくれてありがとう」とおっしゃった。
そんな感じのことが多い気がする。
ありがとうはこちらなのに、いただいたのもこちらなのに、相手も喜んでくれて、ありがとうと言ってくれる。
不思議。
与える人というのは凄いと思う。
その方には、「あなたの人徳だよ」というようなことを言ってもらったんだけど。
不思議だなぁと思う。

常に良い状態を保てたらいいんだけど。
毎日ずっとずっと感謝し続けていられたらいいんだけど。
まだまだちっぽけな私はすぐにイライラしてしまうし、「もう!」とか、「もう嫌!」とか言っちゃう場面が多々ある。
本当に感謝し切って生きるって難しい。
調子が良ければ感謝できるけど、調子が悪い時こそ感謝できる人が本物であり、素晴らしいと思う。
そういう人になりたいと心から思う。

感謝の波動を放つこととか。
引き寄せの法則とか。
人生は思った通りになるとか。
宇宙の法則とか。
最近読んだ本は、相変わらず言葉を変えながら同じ事を私に言い続ける。
家族には「お前っていつも怪しい本ばっかり読んでるよな」と言われるけど(笑)。
なんせ楽しいのだ。
信じたらその通りになるなら信じたいし、なんてラッキーと思う。
自分が感謝して生きてたら、プラスのものが寄ってくるなんて、なんて幸せなんだろうと思う。
その無限の可能性に賭けたいような感じ。

まだまだ不安もいっぱいある。
いっぱいあるけど、希望もいっぱいある。
今まで色んなことがあっても大丈夫だったんだから、これからも大丈夫。
むしろもっともっと大丈夫、そう信じたい。

昔は不幸な女の子が主人公の話が好きだった。
いじめられてたり、親から愛されなかったり、すごく貧乏だったり。
そういう不幸な女の子が健気に頑張ってると、白馬に乗った王子様がやってくるような。
そういう王道ストーリーが好きだった。
そのせいかわからないけど、私は不幸な自分が好きみたいで、自分がいかに惨めで不幸せかと自慢したくなるぐらい、悲劇のヒロインでいようとしているところがあった。
だけど現実は小説とは違って、不幸に酔っていても白馬の王子様はこないどころかむしろ敬遠されると思うし。
不幸のスパイラルは激しく廻って抜け出せなくなる。
現実は、どんなに困難な状況にあってもその中から幸せなことを見つけ、感謝し、笑える人こそが、上昇し、更なる幸運を掴むんだと思う。
そう、結局お話もそうなのかな。
ただどっぷり不幸に浸かってるだけでは何も起こらないのだ。
それでも前向きに頑張ってるからこそ、白馬の王子様も振り向くし、愛されるんだと思う。
悲劇のヒロインではなく、悲劇を打開するヒロインだから素晴らしいんだろうな。

私は不幸でも何でもないし、確かに貧乏な部類に入るんだろうけど、自分で贅沢しなくても贅沢をさせてもらってるし。
毎日ちゃんと暮らせてるし、何故かお金も貯まる。
…何故か(笑)。
結局必要なものはきちんと与えられていて、それでももっともっとと欲張っちゃう私なんだけど、でも、誰も咎めない。
最近は益々物欲が減ってきた気がするんだけど。
経験したいという欲は今も続いてる。
旅行、コンサート、今まで挑戦したことがないこと。
そういう、物ではなく体験するもの。
それに対する欲はずっとずっとあって、だからこそ自由が欲しいと思うんだろうな。
それをするだけの自由な時間。
でももっと最高なのは、それをしたいと言った時、どうしたらそれをすることができるか一緒に考えてくれる人が隣にいること。
制限する人ではなく、応援してくれる人。
そんな人がいたらきっともっともっと楽しい。

きっと引き寄せの法則で、自分がそういう人であるなら、きっとそういう人に出会うんだろう。
だから毎日大切に、感謝して、きちんと生きれる人でありたい。
そしていつか出会う人に恥ずかしくないような、対等でいれるような、しっかりした自分でありたい。
与えられる人でありたい。

人それぞれ人生があり、人それぞれタイミングが違う。
それぞれにベストな時期で、ベストなことはやってくるんだと思う。
だから、人と比べても仕方がないし、焦っても仕方がない。
だけど。
やっぱり、私は一日も早く幸せになりたい。
今も凄く幸せだけど、満たされないもの、一つ当てはまらないピースをはめて、更に人生楽しく生きたいと思う。
それが、一日も早ければいい。
そうしたらきっともっともっと楽しいのに。
だから、それまでの間は、しっかりしっかり自分を磨こう。
いつそれがきてもいいように。

そうだ。
きっと。
無理矢理はめようとしたピースは形が違ってはまらなかったんだ。
でもそれはピースが違っただけのこと。
誰が悪いのでもなく、ただ、そうだっただけのこと。
たった一つのそのピースが一日も早く見つかりますように。
[PR]
# by akira-244 | 2011-06-08 23:02